ホーム > 労働Q&A > 今日限りでやめてもらう

今日限りでやめてもらう

Q.勤めていた会社の社長から「今日限りでやめてもらう」と即時解雇を申し渡されました。この場合、何か補償はないのですか?

A.労働基準法第20条第1項に、「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少なくとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない。」と定められています。

使用者が労働者を即時解雇しようとする場合には、少なくとも解雇しようとする日の30日前以上に労働者に対して予告行うか、予告を行わない場合は30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません。
(但し、試用期間中で14日以内の場合、季節的業務で4ヶ月以内の雇用期間を定める場合、2ヶ月以内の雇用期間を場合等は適用されません。)

従って、使用者は、労働者に対して30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません。

このように、解雇に際して支払われる平均賃金のことを「解雇予告手当」と言います。

スポンサード リンク

前後の記事